鳳凰堂が創建時の姿へ

2013/07/12
従来の鳳凰堂

世界遺産・平等院(宇治市)は56年ぶりの大修理が進む鳳凰堂(国宝)の完成予想図を発表した。

色あせている柱や扉を1053年の創建当時と同じ丹土(につち)と呼ばれる顔料で赤褐色に染め、屋根の上の鳳凰像は金箔きんぱくで輝きを取り戻す。瓦も平安後期の形に統一されるとか。
修理は来年9月完了、拝観は4月頃に再開予定。

比較CGと従前の写真をご覧ください。
古錆びた姿は美しく、しぶいですね。
しかし本来の姿に戻すと言うのなら文句は言えない。
楽しみでもあります。完成したらまた行きます。

比較CG


新しいホームページも御覧下さい
建築家・設計事務所と家創り/兵庫県神戸西宮明石・田崎設計室
http://tasaki-architect.com/
連絡先 E-mail:tasak-ao@beige.plala.or.jp

クリック有難う御座います
にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ

住まいるブログランキング 住まいの総合情報サイト

「鳳凰堂が創建時の姿へ」を読んだ人はこんな記事も読んでいます
日本建築の美(8)東寺 (2012/01/11)
平等院の屋根は木だった (2013/02/16)
来年行ってみたい (2012/12/28)
Comment

管理者のみに表示
Trackback

google30b5cfadf4477d1f.html