枠と内側

2013/04/26
住空間の空気

建築するとは普通に考えれば材料を組み立て、枠を造ることのように思える。しかし見方を変えれば、枠によって囲まれた内部を創ることだとも言える。つまり中身の空気を設計していると。例えば、癒される空間は何によってもたらされるか。木や石等の自然素材を見てのこともある。一方で空間の広がりやつながり等、空間構成によることを忘れてはならない。禅問答ではなく、これは結構重要な視点と思う。

あるいは外から眺めると、周辺環境や都市との関係も浮かび上る。建築は都市の要素の一つでもあるのだから、存在することによって世間に情報を発信し、景色の一部になることだとも言える。つまり材料で出来た物そのものではなく、物のうちそとの空気をデザインすることが建築家の仕事だと言い直すことが出来そうだ。



新しいホームページも御覧下さい
建築家・設計事務所と家創り/兵庫県神戸西宮明石・田崎設計室
http://tasaki-architect.com/
連絡先 E-mail:tasak-ao@beige.plala.or.jp

クリック有難う御座います
にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ

住まいるブログランキング 住まいの総合情報サイト

「枠と内側」を読んだ人はこんな記事も読んでいます
素敵な長屋の再生 (2012/11/19)
プラン変更 (2009/11/19)
表現世界の足し算引き算 (2008/05/01)
Comment

管理者のみに表示
Trackback

google30b5cfadf4477d1f.html