もうすぐ五月

2013/04/29
郷土の鯉のぼり

我が事務所のある元町商店街。

季節によって色々催し物があるが、ふと天井辺りを見上げると、鯉のぼり。

普通サイズから小さいものまで。

何だかかわいい。

そう言えばもうすぐ、五月。

季節はゆっくりと巡る。


新しいホームページも御覧下さい
建築家・設計事務所と家創り/兵庫県神戸西宮明石・田崎設計室
http://tasaki-architect.com/
連絡先 E-mail:tasak-ao@beige.plala.or.jp

クリック有難う御座います
にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ

住まいるブログランキング 住まいの総合情報サイト

「もうすぐ五月」を読んだ人はこんな記事も読んでいます
2010謹賀新年 (2010/01/05)
年の瀬の風景 (2012/12/29)
ほっと一息 (2009/11/04)

枠と内側

2013/04/26
住空間の空気

建築するとは普通に考えれば材料を組み立て、枠を造ることのように思える。しかし見方を変えれば、枠によって囲まれた内部を創ることだとも言える。つまり中身の空気を設計していると。例えば、癒される空間は何によってもたらされるか。木や石等の自然素材を見てのこともある。一方で空間の広がりやつながり等、空間構成によることを忘れてはならない。禅問答ではなく、これは結構重要な視点と思う。

あるいは外から眺めると、周辺環境や都市との関係も浮かび上る。建築は都市の要素の一つでもあるのだから、存在することによって世間に情報を発信し、景色の一部になることだとも言える。つまり材料で出来た物そのものではなく、物のうちそとの空気をデザインすることが建築家の仕事だと言い直すことが出来そうだ。



新しいホームページも御覧下さい
建築家・設計事務所と家創り/兵庫県神戸西宮明石・田崎設計室
http://tasaki-architect.com/
連絡先 E-mail:tasak-ao@beige.plala.or.jp

クリック有難う御座います
にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ

住まいるブログランキング 住まいの総合情報サイト

「枠と内側」を読んだ人はこんな記事も読んでいます
表現世界の足し算引き算 (2008/05/01)
こたつのルーツとは (2012/12/14)
構造用合板について (2008/08/11)

住宅の主寝室

2013/04/24
ムードある寝室

データをご覧ください。夫婦で別室で寝るのは
30代で14%、40代で25%、50代で32%、60代で36%、70代で47%とあります。

主寝室とは夫婦の使う寝室のことを設計界ではそう呼んでいます。
今まで住宅の各室についてコラムを書いてきたのですが、主寝室についてはまだ書いていませんでした。
多分避けていたのでしょう。理由は日本の場合、別室が結構多く、主寝室のあり方なんて書けないと思っていたようです。

これまで設計した住宅のご夫婦は若い方が多く、設計上あまり気にする必要も無かったのです。もし自分と同世代の方から依頼を受けたら主寝室はどうなるのか。主寝室が無い、つまり夫室や婦室とでも呼ぶ部屋が発生するのでしょうか。夫婦別室論はむしろ社会学の専門家に譲りたいし、とても私の任では無いとも思います。
なかには「寝室ラブホ化」の勧め等、勇ましい(?)ことを書いている専門家もおられますが。
私にはせいぜい、ゆっくり休める寝室とは、趣味を楽しむには…位しか書けない気がします。

新しいホームページも御覧下さい
建築家・設計事務所と家創り/兵庫県神戸西宮明石・田崎設計室
http://tasaki-architect.com/
連絡先 E-mail:tasak-ao@beige.plala.or.jp

クリック有難う御座います
にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ

住まいるブログランキング 住まいの総合情報サイト



「住宅の主寝室」を読んだ人はこんな記事も読んでいます
住宅の隠れたアイテム/天井 (2012/11/18)
時代は懐古調? (2012/11/15)
子供室再考 (2013/01/21)

設計と表現

2013/04/22
建築の表現

現代はあらゆる分野で表現即ちプレゼンテーションが重要だ。
建築では、設計の中身以上に重要な時がよくある。

人は多くの情報に接する時、中身の本質以上に第一印象で判断することが多い。
時間が無い時はなおさらだ。だから表現は重要。まず関心を持ってもらうこと。
これがプレゼンの存在理由だ。

行為としてのプレゼンの訓練そしてその向上はともかく、成果品のレベルとしては今後も無限の伸び代が自分にもあると思う。
まだまだこれからですね。

新しいホームページも御覧下さい
建築家・設計事務所と家創り/兵庫県神戸西宮明石・田崎設計室
http://tasaki-architect.com/
連絡先 E-mail:tasak-ao@beige.plala.or.jp

クリック有難う御座います
にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ

住まいるブログランキング 住まいの総合情報サイト

「設計と表現」を読んだ人はこんな記事も読んでいます
厳しさは面白さ (2008/11/27)
本日始動開始 (2013/01/04)
フェイスブックを始めてみて (2012/05/14)

変な季節と出張

2013/04/20
夕暮れの瀬戸内

昨日は四国へ出張した。

さすがに神戸より少し暖かい気がした。
風はちょっと冷たいが、日差しは暖かい。
結構、気持ちのいい日中だった。

仕事が終わって地元に戻ったら夜になっていた。
寒かった。

何だか、また季節が戻ったようだ。



新しいホームページも御覧下さい
建築家・設計事務所と家創り/兵庫県神戸西宮明石・田崎設計室
http://tasaki-architect.com/
連絡先 E-mail:tasak-ao@beige.plala.or.jp

クリック有難う御座います
にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ

住まいるブログランキング 住まいの総合情報サイト

「変な季節と出張」を読んだ人はこんな記事も読んでいます
無垢な魅力 (2013/01/19)
やっと下りた確認申請 (2008/04/22)
建築家の日常 (2012/12/11)

急ぎの仕事

2013/04/12
大きな手水鉢

久しぶりにあまり時間の無い仕事を依頼された。

新規のプロジェクトはじっくり考えたいところだが、先方の都合とあらば仕方ない。気分はあせる。
アイデア、プラン、そしてデザインと色々考えねばならない。
しかし焦ってはならない。ここが肝心です。落ち着けと自分に言い聞かせる。
集中していた意識を一旦そこからはずす。移動と言ってもいい。視点をもっと上空から見るとでも言うような。これも一種のコツでしょうか。
文字にすると少し気分が落ち着いてきた。

もちろん、上手く行くこともあれば、行かない時もある。
時には仕事にもスリルが必要なのでしょうか。



新しいホームページも御覧下さい
建築家・設計事務所と家創り/兵庫県神戸西宮明石・田崎設計室
http://tasaki-architect.com/
連絡先 E-mail:tasak-ao@beige.plala.or.jp

クリック有難う御座います
にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ

住まいるブログランキング 住まいの総合情報サイト

「急ぎの仕事」を読んだ人はこんな記事も読んでいます
頭の切り替え (2010/05/11)
建築家の日常 (2012/12/11)
受賞おめでとうございます (2012/08/23)

ついでに高松城 (讃岐国)へ

2013/04/10
高松城 (讃岐国)

昨日はちょっとした仕事で四国へ行きました。
終わって帰ろうとすると、駅(ことでん)のすぐそばにあったのがこの高松城 (讃岐国)です。秀吉の水攻めで有名な備中高松城とは違います。こちらは全国でも珍しい海に直接面した城です。天守は無いので当時の全体像はつかめませんが・・・。

堀をまたぐ鞘橋と呼ばれる渡り廊下の足元に目が行きました。柱は石で梁と筋違は木造です。つまりハイブリッドの橋脚となっています。堀の海水に浸されているので、特に耐久性を考慮したのでしょう。昔の工人達も色々な工夫を重ねていたのですね。建築とは正しく工夫の積み重ねと言えます。

わずかな滞在時間でしたが、ほんの少し旅気分を味わいました。

新しいホームページも御覧下さい
建築家・設計事務所と家創り/兵庫県神戸西宮明石・田崎設計室
http://tasaki-architect.com/
連絡先 E-mail:tasak-ao@beige.plala.or.jp

クリック有難う御座います
にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ

住まいるブログランキング 住まいの総合情報サイト

「ついでに高松城 (讃岐国)へ」を読んだ人はこんな記事も読んでいます
正倉院大修理と謎 (2012/12/18)
日本建築の美(13) 彦根城 (2012/11/23)
平等院の屋根は木だった (2013/02/16)

フランク・ゲーリー設計フェイスブック新オフィス

2013/04/08
フェイスブックとゲーリー photo:gizmodo

フランク・ゲーリー氏は建築界のノーベル賞と言われる、プリツカ―賞も受賞している超有名建築家です。フェイスブックとの取り合せは以外でしたが。

建物の外観を見る限り、使いやすそうではあります。建物は公園の中にあり、周辺の建築に考慮したり、都市景観を考える必要が無かった。だから自由に設計出来たはずですが、意外と抑制の効いたデザインとなっている。屋根の上には木が植えられる。これもゲーリーには珍しい!?

フェイスブックは建物について、次のように説明しています。
倉庫のような、大きな一室空間のビルになる予定だ。今まで通り、外でも仕事ができるように机が用意されている。机は簡単に動き、打ち合わせに応じて配置を自由に変えられる。カフェとスナックを置いてあるミニ・キッチンが沢山あり、空腹を覚えることはない。またソファとホワイトボードのある休憩スペースも作るつもりだと。

あまりゲーリーらしさはないですけど、それなりにユニークなオフィスになりそうです。 

新しいホームページも御覧下さい
建築家・設計事務所と家創り/兵庫県神戸西宮明石・田崎設計室
http://tasaki-architect.com/
連絡先 E-mail:tasak-ao@beige.plala.or.jp

クリック有難う御座います
にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ

住まいるブログランキング 住まいの総合情報サイト

「フランク・ゲーリー設計フェイスブック新オフィス」を読んだ人はこんな記事も読んでいます
ハーフユニット (2012/12/13)
受賞おめでとうございます (2012/08/23)
教会のクリスマス (2012/12/25)

桜と建築

2013/04/05
夜の桜

桜が今、各地で満開を迎えている。
個人的には今年もちゃんと花見をすることが出来なかった。
それではとばかりに、昨夜帰宅途中に桜があったので、とりあえず撮ってみた。

日本人は本当に桜が好きな民族です。
遺伝子に書き込まれているのか、または脳細胞に刷り込まれているのではないでしょうか。その理由はその美しさだけでないと思う。咲いている期間が短いこと。花の数が多く、必死で咲いている風。そしてよく言われることですが、散り際がいかにも潔いこと。

つまり姿の美しさだけでなく、生き様(?)に共感出来るからでしょうね。潔さは日本人の古来からの心性だと思います。
そして自分の設計する建築も潔い美を目指そうといつも考えています。



新しいホームページも御覧下さい
建築家・設計事務所と家創り/兵庫県神戸西宮明石・田崎設計室
http://tasaki-architect.com/
連絡先 E-mail:tasak-ao@beige.plala.or.jp

クリック有難う御座います
にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ

住まいるブログランキング 住まいの総合情報サイト

「桜と建築」を読んだ人はこんな記事も読んでいます
住宅設計はビジネスか (2008/04/20)
キッチンについて (2009/05/13)
プラン変更 (2009/11/19)

近所のシモクレン(紫木蓮)

2013/04/03
シモクレン

また今年もシモクレンの花が美しく咲きました。

事務所の近所の街路樹です。

大きな紫の花弁が鮮やかです。

春の光とたわむれる様に、軽やかに開いています。

もう散りかけです。

開き過ぎて散ってしまう。

はかなさも大振りです。

昼休みの街路で、季節が私を追い抜いて行きました。


新しいホームページも御覧下さい
建築家・設計事務所と家創り/兵庫県神戸西宮明石・田崎設計室
http://tasaki-architect.com/
連絡先 E-mail:tasak-ao@beige.plala.or.jp

クリック有難う御座います
にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ

住まいるブログランキング 住まいの総合情報サイト

「近所のシモクレン(紫木蓮)」を読んだ人はこんな記事も読んでいます
車窓の夕景 (2008/07/27)
散歩の効用 (2011/02/18)
休みと気分転換 (2013/04/01)

休みと気分転換

2013/04/01
黄色い花達

昨日の日曜日は2週間ぶりの休みとなった。
のんびりするのは何だか、久しぶりの気がした。
何かをしたかと言えば、田園風景の中に少し身を浸したとでも言うか・・・。
ただそれだけ。

どうもその方が気分転換にはいいようだ。
折角空いた時間だからと、色々考えてみても大したことは出来ない。
おかげで今日は朝から少し気分がいい。

新しいホームページも御覧下さい
建築家・設計事務所と家創り/兵庫県神戸西宮明石・田崎設計室
http://tasaki-architect.com/
連絡先 E-mail:tasak-ao@beige.plala.or.jp

クリック有難う御座います
にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ

住まいるブログランキング 住まいの総合情報サイト

「休みと気分転換」を読んだ人はこんな記事も読んでいます
季節の花 (2008/06/25)
近所のシモクレン(紫木蓮) (2013/04/03)
散歩の効用 (2011/02/18)
  HOME  

google30b5cfadf4477d1f.html