「固定金利」が人気

2013/03/28
パリの街並みphoto:joshhallett

読売新聞によると、物価上昇見据えて、経済政策「アベノミクス」による景気回復期待と、日本銀行のインフレ(物価上昇率)目標導入で、固定金利型の住宅ローンへの関心が高まっているそうだ。

現在の主流は金利が低い変動型だが、物価上昇に伴い金利が上昇に転じれば、支払総額が膨らむ可能性があり、低金利のうちに固定型で返済額を確定しておきたいと考える人が増えている。

住宅ローンは主に、変動型、固定型(全期間)、一部期間の固定型の3タイプがある。変動型は現在、日銀の実質的なゼロ金利政策もあり、年0.7〜1%程度と低い。固定型も、日銀の新体制で長期国債を積極的に購入する思惑から長期金利が低下、ローン金利も年1%台半ばと最も低い水準。変動と固定の金利差は縮小している。

三井住友信託銀行では住宅ローンの借り換え顧客は、昨年上期までは固定型を選ぶ割合が1割程度だったが、直近では5割を超えた。固定型は30年タイプで年1.95%の水準まで低下しており、新規借り入れも増えている。
りそな銀行では、一部を変動金利、残りを固定金利で借り入れられる特徴がある「ミックスタイプ」への問い合わせが多い。
住宅金融支援機構の調査でも、今年2月に住宅ローンを新規に借り入れた人のうち、固定型を選んだ人の割合は53.3%で、2か月連続で5割を超えた。

ただ、金利変動の予想は難しく、どちらが有利とは言い難い。全国銀行協会では「各々の特徴を理解した上で余裕のある返済計画を」と呼びかけているが、これは役に立たない呼びかけだろう。庶民ははっきりとした答えが欲しいのだから。アベノミクスへの生活向上の期待もあるが、返済となると金利上昇は怖い。


新しいホームページも御覧下さい
建築家・設計事務所と家創り/兵庫県神戸西宮明石・田崎設計室
http://tasaki-architect.com/
連絡先 E-mail:tasak-ao@beige.plala.or.jp

クリック有難う御座います
にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ

住まいるブログランキング 住まいの総合情報サイト
「「固定金利」が人気」を読んだ人はこんな記事も読んでいます
低炭素住宅を知っていますか? (2013/03/01)
消費税増税と住宅 (2013/01/23)
2012年の住宅着工数 (2013/02/05)

ストレス耐性を強くする

2013/03/27
春と鬱

良い情報なので紹介します。       (メディカルケア虎ノ門+R25編集部)
近年深刻化している社会人のストレス問題。うつ症状を訴える人が増えている。しかし、同じ職場でもあまりストレスを感じていない人もいる。これは個人差ともいえるのか?その差はどこで生まれるのか? 

不安を感じるのは、脳の中の扁桃体という部位で、強くなると自律神経の中枢を刺激し、発汗やふるえなどの身体症状を引き起こす。メンタルタフネスやストレス耐性の個人差は、扁桃体の感受性によって生まれる。

扁桃体が不安を感じ続けると前頭葉にも不調をもたらし、「うつ」が引き起こされる。つまり、ストレスやうつ病には、扁桃体の感受性が深く関わっている。ならば、この扁桃体を鍛えて、少々のことには動じないタフなメンタルを持てるのか…。

扁桃体の感受性は遺伝や成長期の環境における経験である程度は決まる。現実生活では、睡眠不足やカフェイン、アルコールの摂り過ぎに気をつけることくらい。それも悪化させないだけで、扁桃体自体を鍛えるのは難しい。つまり、メンタルタフネスを強化するのは厳しい。いわく「受けるストレスを減らそうとする努力より、受けたストレスをどの発散するかが大事」だとか。

ストレスを感じないようにするのは非現実的。ストレスは受けて当然と考えて、受けたストレスをどう発散していくか。たまったストレスを定期的に発散しきれるよう工夫を重ねることが、メンタルヘルスを向上させる最善策。

では、ストレスを発散するコツは?とにかく“自分のための時間”を定期的に作り、趣味やスポーツなど、100%自分のために費やせる時間を確保する。楽しめることに没頭する時間を意識的に作る、つまり“自分のために時間を使えた”という実感が重要。受けたストレスを発散し、溜めないこと。ストレスはどんどん蓄積され、うつへとつながっていくのだという。

私もそれほどストレスに強いほうではありませんが、気分転換が重要との認識はいつも持っています。
春先は憂うつな気分になったり、落ち込み易い季節。たまったストレスをこまめに発散し、楽しい春を過ごせればいいですね。


新しいホームページも御覧下さい
建築家・設計事務所と家創り/兵庫県神戸西宮明石・田崎設計室
http://tasaki-architect.com/
連絡先 E-mail:tasak-ao@beige.plala.or.jp

クリック有難う御座います
にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ

住まいるブログランキング 住まいの総合情報サイト

「ストレス耐性を強くする」を読んだ人はこんな記事も読んでいます
ブログランキングで1位 (2012/11/03)
デジタルデトックス (2012/11/20)
妻が料理下手なら夫は出世しない (2012/11/30)

三寒四温 

2013/03/26
福寿草

最近気温の変化が激しい。日曜日は仕事で外出したが、気持ちのいい日でした。楽しい外出になりました。

昨日はうって変わって冬日。夜は普通のコートが欲しいくらいでした。今朝もその寒さを引きづっています。

三寒四温と言いますが、この時期の季節は素直じゃありません。
もっともその季節を愛でながら生活出来ることは我々日本人にとって、ありがたいことですが・・・。

凍て解けて筆に汲み干す清水哉  芭蕉

さっ、仕事しよう!

新しいホームページも御覧下さい
建築家・設計事務所と家創り/兵庫県神戸西宮明石・田崎設計室
http://tasaki-architect.com/
連絡先 E-mail:tasak-ao@beige.plala.or.jp

クリック有難う御座います
にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ

住まいるブログランキング 住まいの総合情報サイト

「三寒四温 」を読んだ人はこんな記事も読んでいます
気分を変えて (2012/12/26)
恒例年賀状作成のドタバタ (2012/12/27)
神戸は冬支度 (2008/10/28)

住み開き とは

2013/03/23
開かれた家開かれた家

住み開き とは家を開放し図書館や画廊にして、自宅で地域と交流すること。
                        毎日新聞東京朝刊より

住居の一部を、図書館やカフェなどとして地域に開放する取り組みが広がっている。多世代の交流や地域活性化にもつながるとして注目されている。
店舗だった1階の12畳を、図書室として開放。座って本を読むスペースがある。大学でまちづくりを勉強した住人は、人が集える場として図書スペースを考え、改修作業をアートイベントとして企画し、地域住民に協力してもらって費用を抑えた。図書スペースで映画上映会など多彩なイベントを開く。図書の利用は無料で、イベントは経費だけを集める。「自宅にいながら、さまざまな人と出会えるのが魅力です」と話す。

「住み開き」は、文化・芸術関係の企画などをするアーティストのアサダワタルさん(34)が提唱した。屋上に小さな農園を作り屋内ではカフェを開く住宅や、趣味の収集物を展示して一部を“自宅博物館”として活用する例があり、「違う立場の人同士が交わる、新しいコミュニティーが生まれる可能性を秘めている」と語る。リクルートの「SUUMO」の編集長は「若い世代は人とのつながりや自己表現の場、団塊世代は趣味やセカンドステージの生きがいとして自宅を開放する傾向がある」とみる。

まちづくりの視点から、支援する動きも出ている。世田谷区の財団法人では、住居の空きスペースを地域に役立てたいというオーナーを募り、建築やまちづくりの専門家を派遣してアドバイスをしている。ギャラリーやちぎり絵、刺しゅう教室を開く染織作家も支援を受けた一人だ。作業場やギャラリーを併せ持つ木造2階建て住宅を新築。地域住民から、手仕事がしたいという声が寄せられ、区民サポーターを募って、10畳の部屋で教室などを開いている。「自分だけで運営するのは不安だったが、地域の運営委員に支えられています」と話す。財団法人は「自分の持つ空間を開けば地域の交流が進み、絆もできる。住民の関心も高く、住み開きを支援する行政や民間団体が増えれば活動も広まるだろう」と語った。

こうやって住宅を巡る最近の動きを見ていると、シエアハウスやこの住み開き等と、やはり3.11以来、日本人全体がいかに絆を求めているのかが分かるような気がする。


新しいホームページも御覧下さい
建築家・設計事務所と家創り/兵庫県神戸西宮明石・田崎設計室
http://tasaki-architect.com/
連絡先 E-mail:tasak-ao@beige.plala.or.jp

クリック有難う御座います
にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ

住まいるブログランキング 住まいの総合情報サイト

「住み開き とは」を読んだ人はこんな記事も読んでいます
屋外空間の魅力 (2013/01/24)
森を歩く (2008/11/17)
頭の切り替え (2010/05/11)

住宅取得資金贈与の非課税特例

2013/03/21
若い世代にも可能な家

住宅取得資金贈与の非課税特例 ( 国税庁発表まとめ )

若い世代が家を建てる時、自分達だけでは、資金不足のことはよくある話です。ここで親から住宅購入資金の援助を受ける場合、税制面でのメリットはあるのでしょうか。
じつは住宅取得資金贈与の非課税の特例を活用できます
消費税率アップを前に住宅購入を急ぐ動きもあるようですが、無理なローンを組むと後が大変です。親や祖父母の援助があれば、ローンの負担は軽くなります。さらに、住宅取得資金贈与の非課税の特例を活用できます。
これは、自分が住む住宅の購入や増改築の資金を親や祖父母などの直系尊属から贈与された場合、平成25年中の贈与なら700万円まで非課税となる特例です。贈与税の110万円の基礎控除額と合わせると、最大810万円が非課税となります。省エネ基準を満たす住宅なら、非課税枠はさらに500万円増えます。夫婦がそれぞれの親から贈与を受けることも可能です。
特例を受けるには翌年に贈与税の申告手続きが必要となるほか、住宅の面積や築年数などにも要件があります。税務署などでご確認ください。


参考
                  平成24年   平成25年  平成26年
特別枠(省エネ・耐震住宅) 1,500万円   1,200万円  1,000万円
一般枠             1,000万円    700万円    500万円

新しいホームページも御覧下さい
建築家・設計事務所と家創り/兵庫県神戸西宮明石・田崎設計室
http://tasaki-architect.com/
連絡先 E-mail:tasak-ao@beige.plala.or.jp

クリック有難う御座います
にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ

住まいるブログランキング 住まいの総合情報サイト

「住宅取得資金贈与の非課税特例 」を読んだ人はこんな記事も読んでいます
「固定金利」が人気 (2013/03/28)
住宅ローン減税速報 (2013/01/16)
2012年の住宅着工数 (2013/02/05)

ソーラー・パビリオン

2013/03/19
ソーラー・パビリオンphoto:IAAC

エンデサ・パビリオン  「スマート・シティ・エキスポ2012」の会場

屋根だけでなくファサードに設けた数多くの庇にも太陽光発電パネルを敷き詰めた木造建物がスペイン・バルセロナで建設された。太陽光発電を最大限に生かすため、庇の角度や長さは最適に設計。「エネルギーが形を決める」デザインだ。設計にはアルゴリズミックデザイン、施工にはCNCルーターなどを使って5週間で建設された。

また設計・施工はバルセロナにある建築教育・研究機関のIAAC(Institute for Advanced Architecture of Catalonia)が行い、スペイン最大の電力会社、エンデサ社(Endesa)が協力したそうです。

何とも理詰めでかつ、自由なデザインではないでしょうか。

新しいホームページも御覧下さい
建築家・設計事務所と家創り/兵庫県神戸西宮明石・田崎設計室
http://tasaki-architect.com/
連絡先 E-mail:tasak-ao@beige.plala.or.jp

クリック有難う御座います
にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ

住まいるブログランキング 住まいの総合情報サイト

「ソーラー・パビリオン」を読んだ人はこんな記事も読んでいます
住宅着工長期予測 (2012/10/25)
気になる建築 (2013/01/26)
今年の注文住宅動向 (2012/12/24)

3Dプリンターで月面基地

2013/03/18
3D月面基地photo:wired

新コンセプトによる月面基地が、ロンドンの設計事務所、フォスター+パートナーズによって計画されているそうだ。制作手段の目玉は、月の砂を使って建築資材をつくるイタリアで発明された巨大3Dプリンター「D-Shape」。

月で膨らませることができるのものを先に地球で製造してロケットで運ぶ。月面着陸後、3Dプリンターで、膨らませたドームを覆うようにして外壁として組み立てる。それはドームを小型隕石や気温の急激な変化などといった過酷な環境から守る甲羅のような役目を果たすとか。

世界中のクリエイティヴな民間企業の力が結集されることで、NASAだけでは考えられなかったようなイノヴェイションが生まれ始めている。こんなコストを抑えた画期的な月面基地が実際に建設される日が、現実になるのかもしれない。

月面で可能なら地球ではもっと楽だろう。限りなく可能性を広げていく3Dプリンター。恐るべし。

新しいホームページも御覧下さい
建築家・設計事務所と家創り/兵庫県神戸西宮明石・田崎設計室
http://tasaki-architect.com/
連絡先 E-mail:tasak-ao@beige.plala.or.jp


クリック有難う御座います
にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ

住まいるブログランキング 住まいの総合情報サイト

「3Dプリンターで月面基地」を読んだ人はこんな記事も読んでいます
気になる建築 (2013/01/26)
終わらない思案 (2012/06/17)
太陽光発電の足元で (2013/01/15)

時代は3D

2013/03/13
3Dモデル

最近、テレビや新聞等のメディアで3Dプリンターが紹介されることが多い。オランダの建築家が3Dプリンターでモデルどころか、本物の住宅を造ろうとしているニュースには驚いた。問題点は二つあるようだ。一つはプリンターで造れるサイズに限界があること。二つ目はやはり、強度について。
模型なら最悪壊れても大事には至らないが、実際の住まいとなるとそうはいかない。サイズはつなぎ合わせで対応するようだ。また強度については素材をジオポリマーの改良を開発中という。

さて早く本物を見たいものです。私も普段、プランをモデル化するのに3Dソフトを使っているので、大変興味があります。普通の完成予想図いわゆる建築パースより、手間と時間もかかりますが一旦造り込めば色々なアングルで出来上がりを示すことが出来ます。結果、素人のお客様も理解が進むからです。

新しいホームページも御覧下さい
建築家・設計事務所と家創り/兵庫県神戸西宮明石・田崎設計室
http://tasaki-architect.com/
連絡先 E-mail:tasak-ao@beige.plala.or.jp

クリック有難う御座います
にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ

住まいるブログランキング 住まいの総合情報サイト

「時代は3D」を読んだ人はこんな記事も読んでいます
雨の土曜日 (2010/07/03)
住宅着工長期予測 (2012/10/25)
無垢な魅力 (2013/01/19)

寒の戻り

2013/03/11
椿のスケッチ

しばらく暖かい日が続いたので、このまま春が来るのかと思ったら、今朝の寒さ。いわゆる「寒の戻り」というやつですね。またダウンコートに逆戻り。最近よく着るもう一つのステンカラーのコートはライナーをはずしたばかりなのに・・・。

とは言ってもそこは自然のこと。季節を味わい、心に余裕を持ちたいものですね。昼休みに花をスケッチしました。あー時間切れ。そのせいか、何か言葉も付けたくなりました。そこで一句。

花びらを なおひきしめて 寒戻る

お粗末!


ホームページも御覧下さい
兵庫県神戸から設計事務所・建築家と家づくり/田崎設計室
http://www.tasaki-arch.com/
連絡先 E-mail:tasak-ao@beige.plala.or.jp

クリック有難う御座います
にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ

住まいるブログランキング 住まいの総合情報サイト

「寒の戻り」を読んだ人はこんな記事も読んでいます
年の瀬の風景 (2012/12/29)
晩秋の街路樹 (2012/11/25)
気は持ちよう (2013/07/02)

日本の景観はどこへ行った?

2013/03/06
昔の箱根

昨日、現代日本の景観の混乱ぶりについて触れたところ反響をいただいた。
その理由は以下の本にも明らかです。 「逝きし世の面影」 渡辺京二著

鎖国から国を開いた日本に来た外国人が驚いたのは、愛想のいい庶民による礼儀正しい歓待だった。なかでも感動したのは、貧しい人々が自らのなした親切に代価を求めないこと。あるスイス人は散歩先の農家で歓待され、庭の一番美しい花を切って贈られた礼をしようとしたが、あるじは受け取らない。「親切と真心は庶民階層全体の特徴だ」はその人の観察である。日本各地を単身旅行した英国女性イザベラ・バードはそれを頻繁に体験した。ある馬子は紛失物を捜しに1里も戻って見つけたが、仕事だと礼を受け取らなかった。飲んだのが茶でなく水だからと代金を取らない茶屋の娘、暑熱の中1時間もうちわであおいでくれながら何の礼も取らない女たち……渡辺京二さんはそれが当時の庶民の倫理だったと推測する。

安政6年に初代駐日イギリス大使として着任したラザフォード・オールコックは、3年間の日本見聞記「大君の都」に書いたように、日本に甘くはなかったが、それでも随所で日本の景観の美しさには心底驚いている。小田原から箱根におよぶ道路の「比類のない美しさ」にさえ、目を奪われた。
 彼は、田園と農業のありかたにも唸った。「日本の農業は完璧に近い。農地を整然と保つことにかけては、世界中で日本の農民にかなうものはない」と書いた。タウンゼント・ハリスにとっても同様で、やはり水田の見事さに驚いたあと、「私はいままで、このような立派な稲、このような良質な米を見たことがない」と兜を脱いだ。

かつての日本は景観の美しさはもちろんのこと、人々の心根の美しさも世界で際立っていた。そんな日本は現在のどこにあるのか。例えあっても、せいぜい商業化され観光化された景観ではないでしょうか。こう書くと多分、感傷的だと言われるでしょうね。


ホームページも御覧下さい
兵庫県神戸から設計事務所・建築家と家づくり/田崎設計室
http://www.tasaki-arch.com/
連絡先 E-mail:tasak-ao@beige.plala.or.jp

クリック有難う御座います
にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ

住まいるブログランキング 住まいの総合情報サイト

「日本の景観はどこへ行った?」を読んだ人はこんな記事も読んでいます
夏。都会。そして太陽 (2008/07/17)
駅の活花 (2008/08/04)
帰路の夕焼け (2008/07/01)

円空を知っていますか

2013/03/04
円空-善財童子と護法神

円空仏をスケッチしました。

円空(えんくう1632年〜1695年)は、江戸時代前期の行脚僧であり、木彫りの「円空仏」と呼ばれる独特の仏像を残したことで知られています。生涯に12万体の仏像を彫ったと推定され、発見されたのは、約5350体。全国に散在し、寺社、個人所蔵がほとんど。内、愛知県内で3000体以上、岐阜県内で1000体以上を数える多作だが、作品のそれぞれが個性をもっています。仏像以外にも、和歌、大般若経の扉絵なども多く残されています。

表現が簡素化されており、荒削りな野性味に溢れながらも不可思議な微笑をたたえています。一刀彫という独特の彫りが個性を引き立てています。円空はより多くの民衆を救済する為に、量産的仏像として一生をかけてひたすら製作しました。本人は野に置かれる事を望んでいたが、芸術的に高く評価されたため、大寺院で秘仏扱いされる事もあったとか。

若い頃からその存在は知っていましたが、本物に対面したのは数年まえです。
迫力と慈愛に満ちた表情に触れた途端、不覚にも涙が出てしまいました。長いこと待ったせいか、その芸術性ゆえか分かりませんが。海外の現代アーチストにも嫉妬すると言わしめた程の才能です。短時間で仕上げる為に荒削りになるのでしょうが、結果として余分なものを捨象した、いわばシンプルで奥深い表現域に達したのでしょうね。300年前の作品なのに、実にモダンです。我が心の師、円空先生。またいつか会いに行きたい。


ホームページも御覧下さい
兵庫県神戸から設計事務所・建築家と家づくり/田崎設計室
http://www.tasaki-arch.com/
連絡先 E-mail:tasak-ao@beige.plala.or.jp

クリック有難う御座います
にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ

住まいるブログランキング 住まいの総合情報サイト

「円空を知っていますか」を読んだ人はこんな記事も読んでいます
サグラダファミリアの思い出 (2013/02/07)
モノクロからカラーへ (2013/01/31)
モダン&バナキュラー (2013/02/11)

低炭素住宅を知っていますか?

2013/03/01
緑の家photo:homedit

省エネルギー性能に優れた「低炭素住宅」を認定する国の制度が昨年12月に始まった。建築費はかさむが、光熱費を節約でき、住宅ローン減税などで優遇を受けられる。検討してみる価値がありそうだ。

低炭素住宅とは、二酸化炭素(CO2)の排出を減らす工夫をした住まいのこと。断熱性を高め、省エネ型のエアコンや給湯器、照明などを使う。節水型トイレや壁の緑化など環境に配慮した工夫をこらすのも特徴だ。申請を受け、自治体が認定する。昨年までの住宅エコポイントに代わる、省エネ住宅の優遇策として国土交通省などが始めた。

東京都の工務店の事例としては、壁や屋根、床下に高性能の断熱材を入れ、窓はすべて、断熱性を高めた複層ガラスにする。消費電力の少ないLED照明を多く取り付け、節水型の自動食器洗い機も設ける。低炭素住宅は省エネとともに、節水型トイレ設置などの工夫も必要で設備を含めた建築費は、低コストの住宅より1割から2割ほど高い。だが、計算では光熱費を年間に10万円ほど節約でき、「長い目で見れば費用は回収できる」と話す。

認定されると、住宅ローンの減税制度で優遇される。同制度は、年末のローン残高の1%が、向こう10年間にわたって所得税から控除され、戻ってくる仕組み。今年中に住み始める場合、一般住宅の控除額は10年間で最大200万円なのに対し、低炭素住宅は、最大300万円。2014年4月からは最大500万円に引き上げられる見通し(一般住宅は400万円)。住宅ローンの金額が多ければ、メリットもより大きくなる。また、住宅ローン「フラット35」を利用する場合、低炭素住宅は当初10年間の金利が0・3%引き下げられる。

認定を受けるには、設計段階でエネルギー消費量などの計算が必要となる。住宅メーカーは、より認定条件の多い「長期優良住宅」を手がけているようだ。一方、地場の工務店では今のところ、対応できないケースも多い。そこで、住宅設備メーカーのLIXILは今月、全国の工務店を対象にエネルギー消費量の計算や申請書の作成などを代行するサービスを始めた。ある住宅メーカーも、各地の工務店向けに、低炭素住宅のモデルを提案し、工法の指導などにあたっている。

理論的には低炭素住宅は、冬に冷えがちな風呂場やトイレが暖かく、結露も防ぐなど、快適性が高くなるはず。建築費や光熱費に加え、住み心地も含めたバランスを考えて判断すべきだろう。
いよいよ住宅も車のようになっていくのか。

ホームページも御覧下さい
兵庫県神戸から設計事務所・建築家と家づくり/田崎設計室
http://www.tasaki-arch.com/
連絡先 E-mail:tasak-ao@beige.plala.or.jp

クリック有難う御座います
にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ

住まいるブログランキング 住まいの総合情報サイト




「低炭素住宅を知っていますか?」を読んだ人はこんな記事も読んでいます
住宅ローン減税速報 (2013/01/16)
ドイツは日本の5倍! (2013/02/27)
消費税増税と住宅 (2013/01/23)
  HOME  

google30b5cfadf4477d1f.html