ドイツは日本の5倍!

2013/02/27
コルビジェ設計「ワイゼンホーフ・ジードルンク」ドイツ写真:ル・コルビジェ設計「ワイゼンホーフ・ジードルンク」ドイツ 1927年(本文とは無関係です)

省エネ基準よりも厳しい「パッシブハウス基準」の住宅/ドイツの例 
                         ケンプラッツより要約

事例1:暖房負荷を大幅に削減、資産価値を高める

レンガなどの組積造の躯体に厚さ300mmのビーズ法ポリスチレンフォームを外張りして壁の熱貫流率を0.1W/m2Kとした。日本の99年基準(0・53W/m2K)の5倍の性能だ。暖房設備はヒートポンプによる暖房と給湯を熱交換型換気と一体化した「コンパクトユニット」を採用している。熱交換した空気をヒートポンプで暖めて室内に送る設備との組み合わせだ。

事例2:夏場の結露に配慮、パネル式で性能確保

独・レーベンスラウム・ホルツ社の例。
同社の標準工法は独自開発した木造パネル式で、パッシブハウス研究所の認定を取得している。壁のつくりは、60×120mmの構造材と厚さ24mmの材で構成した耐力壁に、木質繊維断熱材の内断熱とセルローズファイバーの外断熱を施したものだ。壁の熱貫流率は0.1W/m2Kと、日本の99年基準の5倍の性能に相当。

事例3:ドイツの次世代モデル、太陽光発電で全て賄う

屋根と壁に出力計32kWの太陽光発電パネルを搭載し、その発電分で住宅と電気自動車1台、電気自転車2台のエネルギー消費量を賄う計画だ。10カ月間で約1万3000kWhを発電し、40kWの蓄電池を設置しているが、実際は過半が売電に回っている。外壁はセルローズファイバーを厚さ420mmで充填し、熱貫流率は0.1W/m2Kを達成。冷暖房と給湯の一次エネルギー消費量は約24kWh/m2年と、日本の99年基準の約19%に抑えられている。つまり約5倍の性能を目指している。

熱貫流率は日本の5倍となっているし、エネルギー消費量は5分の1。大まかに言えば日本の5倍の性能基準だ。実に大きな差だ。もちろん気候風土の違いはあるものの、やはりドイツは環境先進国と言えるのではないか。半端では無い。


ホームページも御覧下さい
兵庫県神戸から設計事務所・建築家と家づくり/田崎設計室
http://www.tasaki-arch.com/
連絡先 E-mail:tasak-ao@beige.plala.or.jp

クリック有難う御座います
にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ

住まいるブログランキング 住まいの総合情報サイト






「ドイツは日本の5倍!」を読んだ人はこんな記事も読んでいます
2013年度当初予算案(住宅関連) (2013/02/02)
機械化する住宅 (2013/02/18)
低炭素住宅を知っていますか? (2013/03/01)

長命の巨匠 オスカー・ニーマイヤー

2013/02/21
ニーマイヤーのブラジル大統領府

オスカー・ニーマイヤーは1907年に、ブラジルの首都であったリオ・デ・ジャネイロのドイツ系の家庭で生まれた。本人は「自分にはインディオか黒人の血も混ざっているかもしれない。でもそれは私にとっては誇りである」と語っている。1934年に国立芸術大学建築学部を卒業。1935年からリオ・デ・ジャネイロのルシオ・コスタとカルロス・レアンの設計事務所に勤務し、この際、設計顧問としてル・コルビュジエが招かれた時に二人は出会っている。

1960年代から1980年代中盤、軍事政権下においては、その左翼的な政治志向が嫌われたため、ブラジルでの設計活動を禁止され、1967年、フランスのパリに亡命に近い形で住み着いた。その後の20年程はフランスを活動の拠点として、イタリア、アルジェリアなどで設計を手がけた。フランス共産党に入党して党本部の設計も行った。1985年の民政復帰後はブラジルに戻って設計活動を再開し、生まれ故郷のリオ・デ・ジャネイロに在住し設計活動を行った。

彼の作品の特徴はなんと言っても大胆で未来的なフォルムにあると思う。そして建築家以上にアーチストであったと思う。
この作品はブラジル大統領府であり、彼の端正さと大胆さの持ち味が融合した美しい建築となっているのではないか。


ホームページも御覧下さい
兵庫県神戸から設計事務所・建築家と家づくり/田崎設計室
http://www.tasaki-arch.com/
連絡先 E-mail:tasak-ao@beige.plala.or.jp

クリック有難う御座います
にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ

住まいるブログランキング 住まいの総合情報サイト

「長命の巨匠 オスカー・ニーマイヤー」を読んだ人はこんな記事も読んでいます
真夏到来 ! ところで (2012/07/31)
作者の心はスケッチで (2013/01/29)
頑張れ日本 (2012/07/10)

中古住宅市場の拡大

2013/02/20
ポーランドの都市住宅

中古住宅市場の拡大   (日経アーキテクチュアより)

住まい手は、必ずしも問題解決がしたくてリノベーションしたり転居したりするわけではない。団地(八王子市)に住むある人は、「風景に一目ぼれした」ことが転居の決め手になったと振り返る。「自宅の玄関からリュックをしょってそのまま高尾山に登りにいく、あまり都心に遊びに行かなくなりました」と。

一旦問題が解決してしまった住まい手に、次に何かを期待できるのはいつになるだろうか。住まいに関する問題解決ニーズが、人々の間でこれから急に高まるとは考えにくい。問題を解決しているだけでは、市場の裾野は広がらない。

デザイナーの原研哉氏は「日本の住まい手は、自分たちのライフスタイルに合った空間を自分たちで考えて、それを工務店や建築家に頼んで実現する能力については、全く育てられてきませんでした」と言う。服を選ぶように住まいを考えるリテラシーの高い住まい手を、もっと増やしていく必要がありそうだと。

我々建築家も含めて、供給者側としてすべきことは、「問題解決」にとどまらない新たな住まい方の楽しみや魅力の提案を、かたちにして蓄積していくことではないだろうか。と結んでいる。
リフォームやリノベーションに対する我々の更なる研究や挑戦が望まれていると痛感する。


ホームページも御覧下さい
兵庫県神戸から設計事務所・建築家と家づくり/田崎設計室
http://www.tasaki-arch.com/
連絡先 E-mail:tasak-ao@beige.plala.or.jp

クリック有難う御座います
にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ

住まいるブログランキング 住まいの総合情報サイト

「中古住宅市場の拡大」を読んだ人はこんな記事も読んでいます
リフォーム・リノベーションについて (2012/05/29)
新年第一回打合せ (2011/01/11)
船出 (2010/09/10)

機械化する住宅

2013/02/18
機械のような都市

電機メーカーが、ビルや住宅などに設置する据え置き型リチウムイオン電池の生産を強化するようだ。

非常用電源としての需要増や、購入補助制度を追い風とした市場拡大への期待と、電気自動車(EV)向け電池や携帯電話向け小型電池の伸び悩みも背景にあるとか。リチウムイオン電池は、蓄電容量が多い上、出力が低下しにくく、用途が幅広い。据え置き型、EV向け、パソコン・携帯電話向けの小型、の三タイプがあるが、据え置き型は、非常時のバックアップ電源となる他、電気料金が安い夜間に充電した電気をためて昼間に使えるという特徴がある。

普及すれば、電気利用の効率化につながる上、天候によって発電量が左右される太陽光発電や風力発電の普及も後押しする効果が期待できる。政府は2012年3月、据え置き型の購入費の3分の1(上限は個人が100万円、企業は1億円)を補助する制度を導入。一部の自治体も、これとは別の補助制度を設けている。価格は、一般家庭の使用電力量1日分の3割強(5・53キロ・WH)を蓄電できる製品で150万円前後と高いが、政府や自治体の補助を受ければ半額程度になるケースもあるという。

調査会社によると、据え置き型の国内市場が、2011年度の23・5メガ・WHから、20年度には約40倍の935メガ・WHに伸びると予測している。また年間生産台数が10万台まで増えれば、量産効果で価格が3割程度下がるという。

技術の発達は素晴らしい。生活は便利になる一方だ。住宅は増々、ハイテク化し、ロボットのようになっていくのか。かつてコルビジェが言ったように住宅は住む為の機械になって行きそうだ。



ホームページも御覧下さい
兵庫県神戸から設計事務所・建築家と家づくり/田崎設計室
http://www.tasaki-arch.com/
連絡先 E-mail:tasak-ao@beige.plala.or.jp

クリック有難う御座います
にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ

住まいるブログランキング 住まいの総合情報サイト

「機械化する住宅」を読んだ人はこんな記事も読んでいます
2013年度の税制改正大綱 (2013/01/28)
住宅ローン減税速報 (2013/01/16)
「固定金利」が人気 (2013/03/28)

平等院の屋根は木だった

2013/02/16
水墨画的フォト

京都府宇治市の世界遺産・平等院鳳凰堂(国宝)の屋根に残る平安後期の瓦約1500枚のうち、約8割が創建(1053年)から約半世紀後に作られていたことがわかった。平等院では「創建時の鳳凰堂が瓦葺ぶきでなかったことがほぼ確実になった」としている。

鳳凰堂の周辺で過去に行われた発掘調査でも南都系の瓦の出土例は少ない。このため、創建時の鳳凰堂の屋根は木瓦で、約50年後の修理で瓦に葺き替えられたと考えられるという。

木瓦ということは檜皮葺のようなものだろうか。
それはともかく、瓦が木であっても、あの特徴的な「そり」はそのままなのか。
大変気になるところだ。見てみたい。でもそれは無理というもので、誰か研究者の努力を待つしかない。CGでも良いから早く見せて欲しいものだ。


ホームページも御覧下さい
兵庫県神戸から設計事務所・建築家と家づくり/田崎設計室
http://www.tasaki-arch.com/
連絡先 E-mail:tasak-ao@beige.plala.or.jp

クリック有難う御座います
にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ

住まいるブログランキング 住まいの総合情報サイト

「平等院の屋根は木だった」を読んだ人はこんな記事も読んでいます
日本建築の美(9) 姫路城大改修 (2012/09/03)
日本建築の美(8)東寺 (2012/01/11)
ついでに高松城 (讃岐国)へ (2013/04/10)

隕石落下

2013/02/15
ウラルの隕石photo:msn

ロシア:ウラルに隕石が落下

ロシア非常事態省などによると、ウラル地方チェリャビンスク州で15日午前9時20分(日本時間午後0時20分)ごろ、隕石(いんせき)が落下し、学校のガラスを割るなどして約150人が負傷し、病院で手当てを受けた。重傷者はおらず、死者の情報はないそうだ。

地元住民によると、同州の上空で閃光(せんこう)が光った後に5、6回の爆発音が聞こえたため、一時は「飛行機が上空で爆発したのか」「ミサイルが飛んで来たのか」などと騒ぎになったという。

予報では地球二つ分、外側を通るという話だったが、それでも一部が大気圏内に侵入したということなのだろうか。驚きました。
自然は計り知れない。

ホームページも御覧下さい
兵庫県神戸から設計事務所・建築家と家づくり/田崎設計室
http://www.tasaki-arch.com/
連絡先 E-mail:tasak-ao@beige.plala.or.jp

クリック有難う御座います
にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ

住まいるブログランキング 住まいの総合情報サイト
「隕石落下」を読んだ人はこんな記事も読んでいます
ニューマシンがやっと/便利さの中の不幸 (2012/11/16)
一年経って (2012/03/19)
世界に誇れる日本の土木技術が何故? (2012/12/03)

モダン&バナキュラー

2013/02/11
バングラデッシュ国会議事堂
バングラデシュ国会議事堂

建築家ルイス・カーンは晩年、バングラデシュとインドで国家的プロジェクトに携わりました。

ダッカのバングラデシュ国会議事堂ではコンクリートと白大理石との組み合わせで、資材と技術の払底した発展途上国にあっても十分にモダンでかつヴァナキュラーな(地方色豊かで風土的な)優れた建築を作り出せることを実証しました。

カーンはまた、哲学的な建築論でも知られ、その言葉はしばしば深淵で神学的な響きを帯びていて、多くの弟子を育てあげています。
この建築は、いわばカーンの集大成とも言えるもので、私の好きな作品の一つです。


ホームページも御覧下さい
兵庫県神戸から設計事務所・建築家と家づくり/田崎設計室
http://www.tasaki-arch.com/
連絡先 E-mail:tasak-ao@beige.plala.or.jp

クリック有難う御座います
にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ

住まいるブログランキング 住まいの総合情報サイト


「モダン&バナキュラー」を読んだ人はこんな記事も読んでいます
久しぶりにスケッチを (2013/06/10)
モノクロからカラーへ (2013/01/31)
長命の巨匠 オスカー・ニーマイヤー (2013/02/21)

いつも突然の春節祭

2013/02/09
春節祭

表が急に騒がしくなったので何事かと思ったら、今日は神戸南京町(中華街)の

春節祭だと分かった。仕事を放り出して私も下に降りた。アーケードの中を多

分、龍舞というのでしょうか、その一団と楽隊が通り過ぎるところでした。

写真はその内の1カット。

由来を調べると、旧暦の正月を祝う風習は文献資料で四千年以上前にさかのぼる

ことが出来る。古代中国の王であった舜は、臣下を率いて天を祭祀した記録があ

り、これが春節の起源とされるそうです。

ここ神戸元町では年中行事です。

春を祝うと言っても今日は寒すぎです。急いで事務所に引き籠りました。

仕事をします。



ホームページも御覧下さい
兵庫県神戸から設計事務所・建築家と家づくり/田崎設計室
http://www.tasaki-arch.com/
連絡先 E-mail:tasak-ao@beige.plala.or.jp

クリック有難う御座います
にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ

住まいるブログランキング 住まいの総合情報サイト

「いつも突然の春節祭」を読んだ人はこんな記事も読んでいます
梅雨と夏の境い目 (2009/08/01)
もうすぐ五月 (2013/04/29)
秋空と酒 (2011/10/06)

サグラダファミリアの思い出

2013/02/07
サグラダファミリア

サグラダファミリアはバルセロナ市のシンボルです。カタロニアの建築家アント

ニ・ガウディの未完作品であり、今も工事中です。

若い頃に対面しました。夜になって昼間の感動が忘れられず、食事の後にもう一

度見に行きました。今はどうか知りませんが、当時確かに夜間照明に照らされた

教会が未来の宇宙基地か何かのように妖しく聳えているのに驚きました。

忘れることの出来ない思い出です。

ホームページも御覧下さい
兵庫県神戸から設計事務所・建築家と家づくり/田崎設計室
http://www.tasaki-arch.com/
連絡先 E-mail:tasak-ao@beige.plala.or.jp

クリック有難う御座います
にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ

住まいるブログランキング 住まいの総合情報サイト

「サグラダファミリアの思い出」を読んだ人はこんな記事も読んでいます
スケッチの練習 (2013/07/24)
日本建築は負けない (2013/02/03)
モダン&バナキュラー (2013/02/11)

2012年の住宅着工数

2013/02/05
parkrand

2012年の住宅着工は約88万戸、3年連続で増加

国交省によると、2012年の新設住宅着工戸数は88万2797戸で、対前年比は5.8%増。3年連続で前年の戸数を上回った。都道府県別に前年比を見ると、東日本大震災の被災地に当たる岩手(同58.3%増)と宮城(同62.3%増)が大きく戸数を増やした。前年の戸数を下回ったのは12県。鳥取(同11.2%減)と石川(同11.0%減)の2県は2桁減だった。(13年1月31日発表)

持ち家は31万1589戸で対前年比は2.0%増。こちらも3年連続の増加だ。他方、貸家は31万8521戸(同11.4%増)で、4年ぶりの増加となった。分譲住宅は24万6810戸で、そのうち、戸建て住宅は12万2590戸(同5.0%増)だった。

地方は別にして、都市部と被災地による微増というところか。落ち込むよりはいいが、出来ればもっと強力な景気回復が望まれますよね。

design:MVRDV
photo:laurenatclemson


ホームページも御覧下さい
兵庫県神戸から設計事務所・建築家と家づくり/田崎設計室
http://www.tasaki-arch.com/
連絡先 E-mail:tasak-ao@beige.plala.or.jp

クリック有難う御座います
にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ

住まいるブログランキング 住まいの総合情報サイト

「2012年の住宅着工数」を読んだ人はこんな記事も読んでいます
住宅取得資金贈与の非課税特例  (2013/03/21)
機械化する住宅 (2013/02/18)
2013年度の税制改正大綱 (2013/01/28)

日本建築は負けない

2013/02/03
投入堂

三仏寺投入堂

これは鳥取県は三徳山のがけに建てられたお堂です。国宝です。
窪みにへばりつくように建っています。役の行者が法力で投げ込んだと伝えられています。規模はそれほどでもありませんが、ある意味、空前絶後の建築です。この悪い足場でしかも重機も無い時代に一体どうやって工事したのか。全く不思議です。しかしそれ以上に凄いのはここにお堂を造ろうという思いそのものではないでしょうか。信仰の力、人々の情念。

建築が専門なので若い頃からその存在は知っていましたが、二年前にやっと現地に行きました。しかし登山はしていません。ふもとから必至で眺めただけです。危険なので必ず二人以上じゃないと登らせてもらえません。

デザインについて述べるなら、これこそ日本的な美と言えます。まずアンシンメトリー。自在です。次に細くて軽快。また専門的には懸け造りと言うのですが、コルビジェが提唱するピロティ建築が1000年も前に出来ていた、とも言える? 等々。それはともかく、サボア邸にも負けないほど美しい建築です。
感動を思い出しながらスケッチしてみました。

ホームページも御覧下さい
兵庫県神戸から設計事務所・建築家と家づくり/田崎設計室
http://www.tasaki-arch.com/
連絡先 E-mail:tasak-ao@beige.plala.or.jp

クリック有難う御座います
にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ

住まいるブログランキング 住まいの総合情報サイト

「日本建築は負けない」を読んだ人はこんな記事も読んでいます
久しぶりにスケッチを (2013/06/10)
ミースのファンズワース邸 (2013/01/30)
作者の心はスケッチで (2013/01/29)

2013年度当初予算案(住宅関連)

2013/02/02
ポーランドの街並み

2013年度当初予算案の住宅関連について(閣議決定)の報告です。

耐震性能や省エネ性能など、既存ストックの質の向上を目的とした改修への支援のほか、中古住宅流通・リフォーム市場や不動産投資・流通市場の活性化への支援などの事業が盛り込まれている。具体的には

耐震対策緊急促進事業の創設(100億円、新規)
…大規模建築物、災害時の機能確保が必要な避難路の沿道建築物などについて、重点的かつ緊急に耐震化の促進を図る。

地域優良賃貸住宅事業制度の拡充
…大規模災害が発生した際に、被災者向けの民間賃貸住宅の供給の支援。

環境・ストック活用推進事業の拡充(171億4400万円)
…省エネ改修および省エネ改修と併せて実施するバリアフリー改修、耐震改修
の支援。

住宅ストック活用・リフォーム推進事業の創設(10億円、新規)
…中小工務店などが連携して取り組む設計・施工基準の整備や、消費者の相談体制の整備。

その他として

空き家管理等基盤強化推進事業の創設(2億円、新規)

優良住宅整備促進事業(フラット35S)の実施

地域居住機能再生推進事業の創設(30億円、新規)

地方都市都心部の老朽建築物の再生支援

マンションストックの管理適正化・再生支援(1億5000万円、新規)

以上となっている。

やはり震災の影響と、これからは今あるものを大事に使う姿勢が反映されてい

るようだ。


ホームページも御覧下さい
兵庫県神戸から設計事務所・建築家と家づくり/田崎設計室
http://www.tasaki-arch.com/
連絡先 E-mail:tasak-ao@beige.plala.or.jp

クリック有難う御座います
にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ

住まいるブログランキング 住まいの総合情報サイト

「2013年度当初予算案(住宅関連)」を読んだ人はこんな記事も読んでいます
住宅取得資金贈与の非課税特例  (2013/03/21)
ドイツは日本の5倍! (2013/02/27)
2013年度の税制改正大綱 (2013/01/28)

ルイス・カーンのフィッシャーハウス

2013/02/01
カーンのフィッシャー邸

これは20世紀最後の巨匠と言われるルイス・カーンが設計した数少ない住宅の一つ、フィッシャー邸です。

カーンは、構造と意匠が高度な必然性の高みで融合し、その精神性を専門家だけでなく、広く一般にまで感受させることのできる建築を作り続けた最後の建築家と考えられているから、そう呼ばれていました。

つまり、カーンは哲学しながら建築していたのです。

この住宅の場合、その特徴が顕著に現われているのかは多少疑問もありますが、
自然の中につつましくもやはり、何かカーンらしい威厳のようなものが滲んでいると私は感じています。



ホームページも御覧下さい
兵庫県神戸から設計事務所・建築家と家づくり/田崎設計室
http://www.tasaki-arch.com/
連絡先 E-mail:tasak-ao@beige.plala.or.jp

クリック有難う御座います
にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ

住まいるブログランキング 住まいの総合情報サイト

「ルイス・カーンのフィッシャーハウス」を読んだ人はこんな記事も読んでいます
日本建築は負けない (2013/02/03)
異分野をエスキース (2013/07/16)
作者の心はスケッチで (2013/01/29)
  HOME  

google30b5cfadf4477d1f.html