居間について

2009/04/24
[居間] ブログ村キーワード

居間


現代住宅において、居間は最も大きな空間であり、住まいの
構成要素としても最も主要な場として位置づけられるだろう。
かつてそれなりの日本の住まいには応接間があり、来客は
そこで対応した。また家族の団欒の場は茶の間だった。
つまりパブリックとプライベートが分離されていた。
いわゆるハレとケである。
現在は面積的制約もあり、客も居間へ請じ入れフレンドリー
に対応することになる。
大抵の場合、居間と食堂は連続しているか同一空間である。
食事をしたり、一緒にテレビを見て団欒の時を過す。
しかしこのパターンは今後も普遍的と言えるだろうか。家族
の構成や年齢により様相は随分違ってきているように思われ
る。現代は核家族というより、更に一歩進んで単に個人が集
合しているだけのような状況もある。
インターネットや携帯の普及で家族を経由せず、個人と個人
が、そして個人と社会とが直接繋がっている現代。
家族個々人のライフスタイルの違いにより食事も一緒とは
限らない。
家族の団欒はもはや幻想かも知れない。
(私個人は色んな意味で団欒は必要と考えている。例えば
コミュ二ケーションの問題。最小単位としての家族を通し
て訓練が出来て初めて、社会でもスムーズに出来るように
なると思うから)
こう考えてくると居間の役割そのものをそろそろ見直す必要
があるのかも知れない。

ホームページも御覧下さい

兵庫県神戸から設計事務所・建築家と家づくり/田崎設計室
http://www.tasaki-arch.com/



クリックお願いします
にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ

人気ブログランキングへ

「居間について」を読んだ人はこんな記事も読んでいます
仙台メディアテークにて (2012/09/27)
壁と詩情 (2012/02/17)
日本人はお風呂好き (2012/11/12)

やっと春が

2009/04/07
芽ぶき


やっと暖かくなりました。

都市でも木の芽がふきました。

毎年新緑の頃は山々が薄緑に染まり、思い切り

空気を吸い込みたくなるほど、爽やかな気分に

させてくれます。

この季節、仕事を離れ田舎に出かけたくなりませんか。

ホームページも御覧下さい

兵庫県神戸から設計事務所・建築家と家づくり/田崎設計室
http://www.tasaki-arch.com/



クリックお願いします
にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ

人気ブログランキングへ


「やっと春が」を読んだ人はこんな記事も読んでいます
季節の移ろい(2) (2008/04/02)
気分を変えて (2012/12/26)
今年もわずか (2008/12/16)
  HOME  

google30b5cfadf4477d1f.html