「固定金利」が人気

2013/03/28
パリの街並みphoto:joshhallett

読売新聞によると、物価上昇見据えて、経済政策「アベノミクス」による景気回復期待と、日本銀行のインフレ(物価上昇率)目標導入で、固定金利型の住宅ローンへの関心が高まっているそうだ。

現在の主流は金利が低い変動型だが、物価上昇に伴い金利が上昇に転じれば、支払総額が膨らむ可能性があり、低金利のうちに固定型で返済額を確定しておきたいと考える人が増えている。

住宅ローンは主に、変動型、固定型(全期間)、一部期間の固定型の3タイプがある。変動型は現在、日銀の実質的なゼロ金利政策もあり、年0.7〜1%程度と低い。固定型も、日銀の新体制で長期国債を積極的に購入する思惑から長期金利が低下、ローン金利も年1%台半ばと最も低い水準。変動と固定の金利差は縮小している。

三井住友信託銀行では住宅ローンの借り換え顧客は、昨年上期までは固定型を選ぶ割合が1割程度だったが、直近では5割を超えた。固定型は30年タイプで年1.95%の水準まで低下しており、新規借り入れも増えている。
りそな銀行では、一部を変動金利、残りを固定金利で借り入れられる特徴がある「ミックスタイプ」への問い合わせが多い。
住宅金融支援機構の調査でも、今年2月に住宅ローンを新規に借り入れた人のうち、固定型を選んだ人の割合は53.3%で、2か月連続で5割を超えた。

ただ、金利変動の予想は難しく、どちらが有利とは言い難い。全国銀行協会では「各々の特徴を理解した上で余裕のある返済計画を」と呼びかけているが、これは役に立たない呼びかけだろう。庶民ははっきりとした答えが欲しいのだから。アベノミクスへの生活向上の期待もあるが、返済となると金利上昇は怖い。


新しいホームページも御覧下さい
建築家・設計事務所と家創り/兵庫県神戸西宮明石・田崎設計室
http://tasaki-architect.com/
連絡先 E-mail:tasak-ao@beige.plala.or.jp

クリック有難う御座います
にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ

住まいるブログランキング 住まいの総合情報サイト
「「固定金利」が人気」を読んだ人はこんな記事も読んでいます
ドイツは日本の5倍! (2013/02/27)
2013年度の税制改正大綱 (2013/01/28)
機械化する住宅 (2013/02/18)

住宅取得資金贈与の非課税特例

2013/03/21
若い世代にも可能な家

住宅取得資金贈与の非課税特例 ( 国税庁発表まとめ )

若い世代が家を建てる時、自分達だけでは、資金不足のことはよくある話です。ここで親から住宅購入資金の援助を受ける場合、税制面でのメリットはあるのでしょうか。
じつは住宅取得資金贈与の非課税の特例を活用できます
消費税率アップを前に住宅購入を急ぐ動きもあるようですが、無理なローンを組むと後が大変です。親や祖父母の援助があれば、ローンの負担は軽くなります。さらに、住宅取得資金贈与の非課税の特例を活用できます。
これは、自分が住む住宅の購入や増改築の資金を親や祖父母などの直系尊属から贈与された場合、平成25年中の贈与なら700万円まで非課税となる特例です。贈与税の110万円の基礎控除額と合わせると、最大810万円が非課税となります。省エネ基準を満たす住宅なら、非課税枠はさらに500万円増えます。夫婦がそれぞれの親から贈与を受けることも可能です。
特例を受けるには翌年に贈与税の申告手続きが必要となるほか、住宅の面積や築年数などにも要件があります。税務署などでご確認ください。


参考
                  平成24年   平成25年  平成26年
特別枠(省エネ・耐震住宅) 1,500万円   1,200万円  1,000万円
一般枠             1,000万円    700万円    500万円

新しいホームページも御覧下さい
建築家・設計事務所と家創り/兵庫県神戸西宮明石・田崎設計室
http://tasaki-architect.com/
連絡先 E-mail:tasak-ao@beige.plala.or.jp

クリック有難う御座います
にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ

住まいるブログランキング 住まいの総合情報サイト

「住宅取得資金贈与の非課税特例 」を読んだ人はこんな記事も読んでいます
「固定金利」が人気 (2013/03/28)
低炭素住宅を知っていますか? (2013/03/01)
消費税増税と住宅 (2013/01/23)

低炭素住宅を知っていますか?

2013/03/01
緑の家photo:homedit

省エネルギー性能に優れた「低炭素住宅」を認定する国の制度が昨年12月に始まった。建築費はかさむが、光熱費を節約でき、住宅ローン減税などで優遇を受けられる。検討してみる価値がありそうだ。

低炭素住宅とは、二酸化炭素(CO2)の排出を減らす工夫をした住まいのこと。断熱性を高め、省エネ型のエアコンや給湯器、照明などを使う。節水型トイレや壁の緑化など環境に配慮した工夫をこらすのも特徴だ。申請を受け、自治体が認定する。昨年までの住宅エコポイントに代わる、省エネ住宅の優遇策として国土交通省などが始めた。

東京都の工務店の事例としては、壁や屋根、床下に高性能の断熱材を入れ、窓はすべて、断熱性を高めた複層ガラスにする。消費電力の少ないLED照明を多く取り付け、節水型の自動食器洗い機も設ける。低炭素住宅は省エネとともに、節水型トイレ設置などの工夫も必要で設備を含めた建築費は、低コストの住宅より1割から2割ほど高い。だが、計算では光熱費を年間に10万円ほど節約でき、「長い目で見れば費用は回収できる」と話す。

認定されると、住宅ローンの減税制度で優遇される。同制度は、年末のローン残高の1%が、向こう10年間にわたって所得税から控除され、戻ってくる仕組み。今年中に住み始める場合、一般住宅の控除額は10年間で最大200万円なのに対し、低炭素住宅は、最大300万円。2014年4月からは最大500万円に引き上げられる見通し(一般住宅は400万円)。住宅ローンの金額が多ければ、メリットもより大きくなる。また、住宅ローン「フラット35」を利用する場合、低炭素住宅は当初10年間の金利が0・3%引き下げられる。

認定を受けるには、設計段階でエネルギー消費量などの計算が必要となる。住宅メーカーは、より認定条件の多い「長期優良住宅」を手がけているようだ。一方、地場の工務店では今のところ、対応できないケースも多い。そこで、住宅設備メーカーのLIXILは今月、全国の工務店を対象にエネルギー消費量の計算や申請書の作成などを代行するサービスを始めた。ある住宅メーカーも、各地の工務店向けに、低炭素住宅のモデルを提案し、工法の指導などにあたっている。

理論的には低炭素住宅は、冬に冷えがちな風呂場やトイレが暖かく、結露も防ぐなど、快適性が高くなるはず。建築費や光熱費に加え、住み心地も含めたバランスを考えて判断すべきだろう。
いよいよ住宅も車のようになっていくのか。

ホームページも御覧下さい
兵庫県神戸から設計事務所・建築家と家づくり/田崎設計室
http://www.tasaki-arch.com/
連絡先 E-mail:tasak-ao@beige.plala.or.jp

クリック有難う御座います
にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ

住まいるブログランキング 住まいの総合情報サイト




「低炭素住宅を知っていますか?」を読んだ人はこんな記事も読んでいます
2013年度の税制改正大綱 (2013/01/28)
住宅ローン減税速報 (2013/01/16)
機械化する住宅 (2013/02/18)

ドイツは日本の5倍!

2013/02/27
コルビジェ設計「ワイゼンホーフ・ジードルンク」ドイツ写真:ル・コルビジェ設計「ワイゼンホーフ・ジードルンク」ドイツ 1927年(本文とは無関係です)

省エネ基準よりも厳しい「パッシブハウス基準」の住宅/ドイツの例 
                         ケンプラッツより要約

事例1:暖房負荷を大幅に削減、資産価値を高める

レンガなどの組積造の躯体に厚さ300mmのビーズ法ポリスチレンフォームを外張りして壁の熱貫流率を0.1W/m2Kとした。日本の99年基準(0・53W/m2K)の5倍の性能だ。暖房設備はヒートポンプによる暖房と給湯を熱交換型換気と一体化した「コンパクトユニット」を採用している。熱交換した空気をヒートポンプで暖めて室内に送る設備との組み合わせだ。

事例2:夏場の結露に配慮、パネル式で性能確保

独・レーベンスラウム・ホルツ社の例。
同社の標準工法は独自開発した木造パネル式で、パッシブハウス研究所の認定を取得している。壁のつくりは、60×120mmの構造材と厚さ24mmの材で構成した耐力壁に、木質繊維断熱材の内断熱とセルローズファイバーの外断熱を施したものだ。壁の熱貫流率は0.1W/m2Kと、日本の99年基準の5倍の性能に相当。

事例3:ドイツの次世代モデル、太陽光発電で全て賄う

屋根と壁に出力計32kWの太陽光発電パネルを搭載し、その発電分で住宅と電気自動車1台、電気自転車2台のエネルギー消費量を賄う計画だ。10カ月間で約1万3000kWhを発電し、40kWの蓄電池を設置しているが、実際は過半が売電に回っている。外壁はセルローズファイバーを厚さ420mmで充填し、熱貫流率は0.1W/m2Kを達成。冷暖房と給湯の一次エネルギー消費量は約24kWh/m2年と、日本の99年基準の約19%に抑えられている。つまり約5倍の性能を目指している。

熱貫流率は日本の5倍となっているし、エネルギー消費量は5分の1。大まかに言えば日本の5倍の性能基準だ。実に大きな差だ。もちろん気候風土の違いはあるものの、やはりドイツは環境先進国と言えるのではないか。半端では無い。


ホームページも御覧下さい
兵庫県神戸から設計事務所・建築家と家づくり/田崎設計室
http://www.tasaki-arch.com/
連絡先 E-mail:tasak-ao@beige.plala.or.jp

クリック有難う御座います
にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ

住まいるブログランキング 住まいの総合情報サイト






「ドイツは日本の5倍!」を読んだ人はこんな記事も読んでいます
低炭素住宅を知っていますか? (2013/03/01)
2013年度の税制改正大綱 (2013/01/28)
注文住宅に前向きな20代 (2012/06/28)

機械化する住宅

2013/02/18
機械のような都市

電機メーカーが、ビルや住宅などに設置する据え置き型リチウムイオン電池の生産を強化するようだ。

非常用電源としての需要増や、購入補助制度を追い風とした市場拡大への期待と、電気自動車(EV)向け電池や携帯電話向け小型電池の伸び悩みも背景にあるとか。リチウムイオン電池は、蓄電容量が多い上、出力が低下しにくく、用途が幅広い。据え置き型、EV向け、パソコン・携帯電話向けの小型、の三タイプがあるが、据え置き型は、非常時のバックアップ電源となる他、電気料金が安い夜間に充電した電気をためて昼間に使えるという特徴がある。

普及すれば、電気利用の効率化につながる上、天候によって発電量が左右される太陽光発電や風力発電の普及も後押しする効果が期待できる。政府は2012年3月、据え置き型の購入費の3分の1(上限は個人が100万円、企業は1億円)を補助する制度を導入。一部の自治体も、これとは別の補助制度を設けている。価格は、一般家庭の使用電力量1日分の3割強(5・53キロ・WH)を蓄電できる製品で150万円前後と高いが、政府や自治体の補助を受ければ半額程度になるケースもあるという。

調査会社によると、据え置き型の国内市場が、2011年度の23・5メガ・WHから、20年度には約40倍の935メガ・WHに伸びると予測している。また年間生産台数が10万台まで増えれば、量産効果で価格が3割程度下がるという。

技術の発達は素晴らしい。生活は便利になる一方だ。住宅は増々、ハイテク化し、ロボットのようになっていくのか。かつてコルビジェが言ったように住宅は住む為の機械になって行きそうだ。



ホームページも御覧下さい
兵庫県神戸から設計事務所・建築家と家づくり/田崎設計室
http://www.tasaki-arch.com/
連絡先 E-mail:tasak-ao@beige.plala.or.jp

クリック有難う御座います
にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ

住まいるブログランキング 住まいの総合情報サイト

「機械化する住宅」を読んだ人はこんな記事も読んでいます
低炭素住宅を知っていますか? (2013/03/01)
2013年度の税制改正大綱 (2013/01/28)
2013年度当初予算案(住宅関連) (2013/02/02)

2012年の住宅着工数

2013/02/05
parkrand

2012年の住宅着工は約88万戸、3年連続で増加

国交省によると、2012年の新設住宅着工戸数は88万2797戸で、対前年比は5.8%増。3年連続で前年の戸数を上回った。都道府県別に前年比を見ると、東日本大震災の被災地に当たる岩手(同58.3%増)と宮城(同62.3%増)が大きく戸数を増やした。前年の戸数を下回ったのは12県。鳥取(同11.2%減)と石川(同11.0%減)の2県は2桁減だった。(13年1月31日発表)

持ち家は31万1589戸で対前年比は2.0%増。こちらも3年連続の増加だ。他方、貸家は31万8521戸(同11.4%増)で、4年ぶりの増加となった。分譲住宅は24万6810戸で、そのうち、戸建て住宅は12万2590戸(同5.0%増)だった。

地方は別にして、都市部と被災地による微増というところか。落ち込むよりはいいが、出来ればもっと強力な景気回復が望まれますよね。

design:MVRDV
photo:laurenatclemson


ホームページも御覧下さい
兵庫県神戸から設計事務所・建築家と家づくり/田崎設計室
http://www.tasaki-arch.com/
連絡先 E-mail:tasak-ao@beige.plala.or.jp

クリック有難う御座います
にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ

住まいるブログランキング 住まいの総合情報サイト

「2012年の住宅着工数」を読んだ人はこんな記事も読んでいます
注文住宅に前向きな20代 (2012/06/28)
「固定金利」が人気 (2013/03/28)
低炭素住宅を知っていますか? (2013/03/01)

2013年度当初予算案(住宅関連)

2013/02/02
ポーランドの街並み

2013年度当初予算案の住宅関連について(閣議決定)の報告です。

耐震性能や省エネ性能など、既存ストックの質の向上を目的とした改修への支援のほか、中古住宅流通・リフォーム市場や不動産投資・流通市場の活性化への支援などの事業が盛り込まれている。具体的には

耐震対策緊急促進事業の創設(100億円、新規)
…大規模建築物、災害時の機能確保が必要な避難路の沿道建築物などについて、重点的かつ緊急に耐震化の促進を図る。

地域優良賃貸住宅事業制度の拡充
…大規模災害が発生した際に、被災者向けの民間賃貸住宅の供給の支援。

環境・ストック活用推進事業の拡充(171億4400万円)
…省エネ改修および省エネ改修と併せて実施するバリアフリー改修、耐震改修
の支援。

住宅ストック活用・リフォーム推進事業の創設(10億円、新規)
…中小工務店などが連携して取り組む設計・施工基準の整備や、消費者の相談体制の整備。

その他として

空き家管理等基盤強化推進事業の創設(2億円、新規)

優良住宅整備促進事業(フラット35S)の実施

地域居住機能再生推進事業の創設(30億円、新規)

地方都市都心部の老朽建築物の再生支援

マンションストックの管理適正化・再生支援(1億5000万円、新規)

以上となっている。

やはり震災の影響と、これからは今あるものを大事に使う姿勢が反映されてい

るようだ。


ホームページも御覧下さい
兵庫県神戸から設計事務所・建築家と家づくり/田崎設計室
http://www.tasaki-arch.com/
連絡先 E-mail:tasak-ao@beige.plala.or.jp

クリック有難う御座います
にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ

住まいるブログランキング 住まいの総合情報サイト

「2013年度当初予算案(住宅関連)」を読んだ人はこんな記事も読んでいます
住宅ローン減税速報 (2013/01/16)
2012年の住宅着工数 (2013/02/05)
住宅取得資金贈与の非課税特例  (2013/03/21)

2013年度の税制改正大綱

2013/01/28
建ち上るマンション

政府は1月24日、2013年度の税制改正大綱を決定した。14年4月に予定されている消費税率引き上げの前後で駆け込み需要やその反動による影響が大きいと考えられる住宅に関しては、住宅取得者に対して住宅ローン減税拡充などの負担軽減措置を盛り込んだ。要点は以下のとおり。

(1)所得税に関して、13年末で期限が切れる住宅ローン減税を4年間延長する。

(2)消費税率が8%に引き上げられる14年4月から17年末までに入居する場合は、 ローン残高4000万円を上限として年末残高の1%を10年間にわたり所得税など から差し引く。
最大控除額は各年40万円で総額400万円。

(3)長期優良住宅と低炭素住宅の各認定住宅に入居する場合は、ローン残高5000 万円を上限とし、最大控除額は各年50万円で総額500万円とする。

(4)所得税だけでは控除の枠を使い切れない者を対象とした措置も講じる。住民 税における住宅ローン控除を14年1月から17年末まで延長し、そのうち14年4月から17年末までに住宅を取得した場合の控除限度額を最高13万6500円まで上げる。さらに、この住宅ローン減税拡充措置によっても効果が限定的な所得層を対象とした給付措置を検討する方針。

これによって、少しは住宅取得への動きが活性化すればいいですね。
本日は取り急ぎ、ご報告まで。


ホームページも御覧下さい
兵庫県神戸から設計事務所・建築家と家づくり/田崎設計室
http://www.tasaki-arch.com/
連絡先 E-mail:tasak-ao@beige.plala.or.jp

クリック有難う御座います
にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ

住まいるブログランキング 住まいの総合情報サイト

「2013年度の税制改正大綱」を読んだ人はこんな記事も読んでいます
消費税増税と住宅 (2013/01/23)
住宅取得資金贈与の非課税特例  (2013/03/21)
注文住宅に前向きな20代 (2012/06/28)

消費税増税と住宅

2013/01/23
ドバイの夜景photo:EVO

消費税増税の住宅駆け込み需要予測 

(日経ホームビルダーによる顧客調査から)

2012年8月10日、消費税増税を柱とする社会保障・税一体改革関連法が成立しま

した。消費税率は14年4月に8%、15年10月に10%へ引き上げられる予定です。

契約の締結が13年9月30日までであれば消費税率は5%、13年10月1日から15年3

月31日の間であれば8%となる。それ以降は10%です。

駆け込み需要後の反動はどうなるのか。13年10月から15年3月の期間に新築を契

約したいと回答したグループは800人中の227人と少ない。これは、駆け込み需

要の反動が生じ、この約1年半の間は新築需要が落ち込むと読み取れるとか。

以上を元に早く契約した方がいいのか。それとも反動の時期の方が工事が減る

から建設費が下がると判断するのか。事実、施工会社の立場に立てば仕事を取

る為に3%位の値下げはあり得ますから。

色々な考え方があると思います。参考にされてはいかがでしょうか。


ホームページも御覧下さい
兵庫県神戸から設計事務所・建築家と家づくり/田崎設計室
http://www.tasaki-arch.com/
連絡先 E-mail:tasak-ao@beige.plala.or.jp

クリック有難う御座います
にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ

住まいるブログランキング 住まいの総合情報サイト

「消費税増税と住宅」を読んだ人はこんな記事も読んでいます
住宅ローン減税速報 (2013/01/16)
ドイツは日本の5倍! (2013/02/27)
2013年度の税制改正大綱 (2013/01/28)

住宅ローン減税速報

2013/01/16
新住宅プロジェクト内部

政府の発表によると、消費税増税による負担増を軽減するため、住宅ローン減

税の上限額を50万円に引き上げ、減税期間を平成25年末から5年間延長す

る方向で最終調整に入ったとある。

ローンを組まずに自己資金で住宅を購入した際の所得税の減税措置も、延長・

拡充する方向だ。耐久性や耐震性に優れた長期優良住宅を新築した場合、木

造・鉄骨造りなら床面積1崚たり3300円、鉄筋コンクリート造りなら

3630円を減額できる制度。現在最大50万円の減税額を倍額の100万円

程度に引き上げ、25年末までの適用期限も延長する。

このほか、住宅や土地の購入時にかかる不動産取得税や、所有権の登記にかか

る登録免許税、不動産売買契約書などに添付が必要な印紙税も軽減する。

もちろん案なので、今後数字の多少の変更はあるだろうが…。

結構手厚い援助で住宅希望者や関係者はこれで少しはほっとできるだろうか。

一方で世間で言われているように国の財政も国民が真剣に心配しなければなら

ない時代というのも何だか複雑な気分ですよね。


ホームページも御覧下さい
兵庫県神戸から設計事務所・建築家と家づくり/田崎設計室
http://www.tasaki-arch.com/
連絡先 E-mail:tasak-ao@beige.plala.or.jp

クリック有難う御座います
にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ

住まいるブログランキング 住まいの総合情報サイト

「住宅ローン減税速報」を読んだ人はこんな記事も読んでいます
消費税増税と住宅 (2013/01/23)
2013年度当初予算案(住宅関連) (2013/02/02)
2013年度の税制改正大綱 (2013/01/28)

注文住宅に前向きな20代

2012/06/28
意外なデータでした。若い世代はマンション購入だと思っていましたが・・・。

以下日経ホームビルダー2012年7月号より
最近の人は戸建て住宅の取得に対してどのような考えを持っているのだろうか。1年以内に取得したいのか、それとも、5年程度は検討する時間を考えているのか。もしくは、しばらく取得する気がないのか。

 日経ホームビルダー2012年7月号では、取得の意思がある人を対象に、彼らが抱いている住宅取得感について尋ねた。特に、20代、30代、40代と世代別に比較したときに違いがあるのかを探るため、それぞれ100人ずつにアンケートを実施した。

 戸建て住宅を取得する意思の度合いを尋ねたところ、5年以内に取得を検討している人の比率を計算すると20代と30代は40%、40代では32%だった。なかでも、20代は1年以内が10%、1年超3年以内が15%と僅かだが他の年齢層に比べて早期の取得に前向きな傾向がうかがえた。

 住宅取得の検討に踏み切るきっかけとして、結婚や子どもの成長といったタイミングも根強くあった。
さらに、取得したい住宅のタイプを聞くと、20代は「新築の注文住宅」と回答した人の比率が約65%と最も多かった。注文住宅へのこだわりを聞くと、
       
     自分の好みに家をつくることを楽しみたい

といった理由もあるようだ。予算の都合から選ぶと思われがちな「中古住宅」は、他の年代よりも少なく4%だった。

うーん頼もしい20代 来たれ若者!いざ、設計事務所へ
・・・気楽にネ



ホームページも御覧下さい
兵庫県神戸から設計事務所・建築家と家づくり/田崎設計室
http://www.tasaki-arch.com/
連絡先 E-mail:tasak-ao@beige.plala.or.jp

クリック有難う御座います
にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ

住まいるブログランキング 住まいの総合情報サイト


「注文住宅に前向きな20代」を読んだ人はこんな記事も読んでいます
2012年の住宅着工数 (2013/02/05)
2013年度当初予算案(住宅関連) (2013/02/02)
住宅ローン減税速報 (2013/01/16)
  HOME  

google30b5cfadf4477d1f.html